プロフィール

daitube

Author:daitube
 「魚突き」ときどき「Bboy」でおなじみのYouTubeチャンネル「DAITUBE」です。

 使用している銛は「2mアルミ銛+土佐銛先」、ウエットは3mmを上だけ着たり着なかったりという軽装。ダンスのジャンルは「Breakin」で得意技はハイチェアです。

 鹿児島市内を拠点に、自転車で旅をしながら魚突きキャンプをしています。主に今年は離島旅にチカラを入れてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島にいるハタ系考察

 「ハタ」とは、魚突き対象魚として大人気の高級魚類で、細かい種類も非常に多い。

 全体的に共通して言えることは、縄張り意識が強いことや、岩周りの海底から中層にいつくロックフィッシュであること、好奇心がなかなかに強くて、こちらに近寄らないまでもじっと見つめてくること、最初はすべてメスで大きくなるとオスに性転換すること等があげられます。

 肉食性で、普段はのんびりホバリングしていても、捕食の際や、こちらが銛を撃ったときの回避の際には、驚くべき反射神経と瞬発力を見せます。

 基本的に、暖かい地域を好むモノが多いようで、鹿児島には多くの種類のハタが存在しており、突き師を楽しませてくれます。
(※ちなみにその代わりなのか、全国的に人気のロックフィッシュであるメバルやアイナメが鹿児島には存在しません)



 ということで今回は、僕が鹿児島に来てからの経験と、突き仲間との会話から収集した情報をもとに、鹿児島におけるハタの種類別考察を簡単にしてみようと思います(^◇^)参考程度にどーぞー




【アカハタ】
自己最高サイズ36㌢
アカハタ

 小型のハタ。
 基本成魚サイズは30㌢前後、大きいものでは稀に40を大きく超えるものもいるそうです。

 鹿児島での主な生息域は「北薩、南薩」かと思われます。

 生息域では数が多く、しかも成長が早い。三年ほどで30㌢ほどの成魚になると聞きます。なので魚突き対象魚として非常に親しまれており、初級者の目標魚種、中級者のメイン魚種、上級者のオカズ魚種として長く付き合える魚です。

 このアカハタに限らずハタ系全体の行動パターンとして多いのが「ホバリング」「移動して振り返る」「穴に潜る」などがありますが、アカハタはこの中でも「穴に潜る」率が非常に高いと言えます。

 岩陰を縫うように移動し、岩陰からこちらを見つめてくる、というのが個人的にも突き仲間の経験にも多いパターンです。遠くへ逃走することは比較的少なく、巣穴に潜って籠城することの方が比較的多いです。難しい岩穴だと手も足も出せなくなりますが、時間を置くと様子をうかがうかのように穴から顔を出してきたりもします。反射神経も優れていて、熟練者のお話でも「絶対とらえたと思っても外すことがある」とよく聞きます。

 そんな性質上、穴撃ちでの勝負となるシチュエーションが多いので、長い銛を使ってる人はオオモンハタより難しいとも。


 身質は非常に優れており、皮下のコラーゲンは絶品。和食では人気少なく、洋食や中華で高い評価を受けているというのはよく聞く話。ハタの中ではやや安い方とはいえ、美味しい高級魚であることには違いないです。刺身、蒸し物、鍋料理がオススメ。

 以下、参考映像。






【オオモンハタ】
自己最高サイズ48㌢
オオモンハタ

 中型のハタ。
 基本成魚サイズは40㌢前後、大きいものでは50㌢を大きく超えるようです。

 鹿児島での主な生息域は「錦江湾、南薩、北薩」と広い。

 特に錦江湾に多いということは有名で、しかもなかなかに大きくなるので、そのサイズを競って仲間内でも積極的に狙われています。

 中層移動が多く、穴や海底にいることよりも、縄張りである岩周りの中層をぐるぐる移動して回っていることの方が多いです。なので行動パターンもアカハタとは逆に「移動して振り返る」を繰り返すことの方が多いです。警戒心を刺激し過ぎると遠くに逃げますが、縄張り内であればまた同じエリアでうろうろしていたりします。

 もちろん根に潜ることもありますが、とにかくこちらから離れることが多いので、長い銛を使ってる人でもない限りはアカハタより難しいとも。


 ハタ系には珍しく、皮下のコラーゲンが少ないです。ハタ系の中ではやや安め。それでもハタ特有の歯ごたえのある美味しい魚です。刺身、汁物がオススメです。

 以下、参考映像。








【キジハタ】
自己最高サイズ40㌢
キジハタ

 中型のハタ。
 基本成魚サイズは40㌢前後、大きいものだと最大で60㌢になると言われています。

 鹿児島での生息域は「錦江湾、北薩」かと。

 比較的少なく、成長も非常に遅いレアモノです。地元愛媛にいた頃、瀬戸内海の冬を越せる唯一のハタ系と聞いたことがありますが、寒さに強い分、暖かい地域には少ないのかもしれません。鹿児島南薩エリアで昔からされている先輩から「キジハタを見たことがない」とよく聞きますので、南薩には非常に少ないのでしょう。(いないとは言い切れない)

 行動パターンとしては、「移動して振り返る」ことも「穴に潜る」ことも両方ともよくあると思います。数が少ないので、愛媛にいた頃(愛媛ではキジハタしかいない)の経験を足しても、他のハタよりデータ参考が少ないのがホンネです。ただアカハタやオオモンハタに比べても、行動パターンにはそれほどの違いはありません。発見させてくれる率の少なさの差だけ今までのハタより難しいとはいえます。



 味は非常に優れており、ハタ系の中でも特に高級。高級魚の中の高級魚といえます。かつて魚の価値は知らないが味覚には確かな友人と魚突きキャンプをした際、アカハタ、オオモンハタ、キジハタの三種が突けたので食べ比べをしました。ネームバリューが通用しないにも関わらず、キジハタはその友人からその「食味」の良さで一番に選ばれました。(※ちなみに二番はアカハタ、三番がオオモン)

 以下、参考映像。









【スジアラ】
まだ一度も突いてません。


 大型のハタ。
幻の超高級魚ともいわれ、沖縄での呼び名「アカジン」の「ジン」の意味は、お金になるという意味。

 未突なため、僕にこの魚を語る資格はありませんが、非常に警戒心が強いハタです。

 そしてその味は素晴らしく、キジハタをも超えるそう。。。しかし、すべてはウワサでしかありません。

 来年こそは見事この魚を討ち取り、この考察記事を完成させますので、それまで待っててくださいね!

 以下、参考映像。


最後まで閲覧していただきありがとうございました!
以上、DAITUBEでした。

スポンサーサイト

ハタ系(48㌢)記録サイズ!

DAITUBEによくある質問で「寒くないんですか?」ってのがあるんですけど、愚問ですよね。寒いです。
BboyDAIです。



 前回の記事で、今年3つの目標に関して触れたかと思いますが、キてますね。最近かなりキてます。自分で言うのもなんですが(笑)







 そう、 40オーバーのイシダイに続き、40オーバーのハタ系(それもかなり目標を上回るサイズで)クリアしました!!今年のシーズン終盤に、しかも連続で目標達成です。諦めなければ夢は叶うという、かなりドラマチックな展開になりました(笑)



 軽装だとこの時期は寒くてほんとつらいです(笑)

 何がつらいかって、寒さで体動かないんですよね。。しかも、寒さで西野カナみたいに震えちゃうから、まともに動けてもないくせに普段より酸素消費しちゃってる。銛を構える手もぶれる。足なんかしょっちゅう攣る。最悪だな(笑)



 でもその分、発見もあります。普段あたりまえにできていたこと、やっていたことがホントに大事だな、と思えました。


 たとえばアプローチの仕方。

 魚を見つけて「真上から急降下する」より、ちょっと手前で「先に着底してから寄る」方が確実に正解だなと思いました。とくに僕の装備で戦うには。

 真上からいく場合、最短距離で寄れるのと、視界が広いというメリットがあるのでラクです。ついやっちゃいます。ただ、魚が逃げます。銛が長けりゃ強引に刺せるかもしれませんが、僕の銛だとムリな場合が多いです。なにより美しくない。

 先に着底してから寄る場合、どうしても息止めを長くしないとなりませんし、低い視点なので視界も狭いです。ただ見えにくいのは魚にとっても同じなので、気付かれないとまでは言えないまでも、警戒心を刺激せず、反対に好奇心を誘いやすいと思います。


 僕の銛の場合、割と誰よりも魚に近づかなければ勝負になりません。アプローチが最重要といっても過言ではないでしょう。

 ただ、寒くてその理想的なパフォーマンスができなくなりつつあるんですね(笑)

 なのでホントによいこのみんなは真似しないでねってカンジです。冬の海に入る場合はぜひとも必ずウエットスーツ買ってください(笑)

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。