プロフィール

daitube

Author:daitube
 「魚突き」ときどき「Bboy」でおなじみのYouTubeチャンネル「DAITUBE」です。

 使用している銛は「2mアルミ銛+土佐銛先」、ウエットは3mmを上だけ着たり着なかったりという軽装。ダンスのジャンルは「Breakin」で得意技はハイチェアです。

 鹿児島市内を拠点に、自転車で旅をしながら魚突きキャンプをしています。主に今年は離島旅にチカラを入れてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚突き日報

海辺で出会った人に言われたことがあります。

「あれ!? DAITUBEの中の人ですよね!?」

 って。

 おかしいと思いませんか?

 俺、着ぐるみとか何か着てます? むしろウエットスーツすらまともに着てないのに「中の人」って何? 何の中なの?


どーも
魚突き界のゆるキャラことDAITUBEです。



 はてさて!

 そんなわけで今日も元気なだいつべくんですが、ブログはともかくようつべでは徐々に知名度も上がってきております。あざまっす!

 あんましネット上にプライベートなこと晒すのにも抵抗ない僕ですが、今日はさらにちょっと深めに話そうと思いまっす。

 だいつべは今でこそフリーターというか、派遣会社にだけ登録して、好きなときに仕事いって、車もちの友人に誘われたときには海いって、っていう自由な生活をしておりますが、ちょいと前までは普通に営業職の会社に入社してて、訪問販売のセールスマンをしておりました。いわゆる、飛び込みの営業ですね。

 1年と9か月ほどその生活を続けましたが、あまりに売れないセールスマンで、でも会社の上司には気に入られてて、クビになってもおかしくないのにかばってもらい続け、逆に申し訳なくなって自ら辞めた、そんな経歴があります。

 そんな営業マンには切っても切れない「数字」という存在。

 「数字は嘘をつかない」と言っては、毎日のように数字と向き合わされ、反省を繰り返しさせられました。まさにストレスの日々。もう二度とあんな生活はしたくない、そう思って営業を辞めた僕ですが、今、また違う形で、その「数字」とやらに本気で向き合おうと思いはじめました。

 ただし、その数字は「魚突き」に関しての数字、です。

 営業マン時代、毎日のようにつけさせられた「日報」ってものがあります。日報とは、結果から必要な過程を逆算して出した数字です。それは、契約を取るために必要な手順を数字として記録するものであり、一番の反省の材料でした。

「突きたい魚が突けない。それでも突きたい」

 そう思ったとき、どうすれば突けるようになるか考えたとき、僕は魚突きの日報をつけ、分析してみよう、そう思いました。

 とりあえずシンプルながらも、僕は次のような数字をつけることにしました。それは魚の「発見数」「接近率」「命中率」「捕獲数」です。



発見数・・・見つけた魚種の個体数。

接近率・・・魚に接近を試み、一瞬でも射程距離まで近付くことができた成功率。

命中率・・・魚に銛を撃ちこみ、一触れでもその魚に銛を当てることができた成功率。

捕獲数・・・魚を捕獲した数。



 接近率と命中率に関しては、次のような計算式を取る。


〇接近率=魚に近づこうと試みた数を分母とし、銛の有効射程(銛を伸ばし切れば届く距離[※『飛ばし銛』の距離は含まない])に一瞬でも入った数を分子として計算。(※発見と同時に逃走された、スルーして逃がした場合は分母数にも分子数にもカウントしない)


〇命中率=銛を放った数を分母とし、魚に刺さらないまでも当たった数(※とにかく銛先が触れた数)を分子として計算。



 以上のような数字を、魚種別に記録します。

 そして以下のメモは、同じ日に同じポイントで同じ時間だけ潜った二人の突き師の記録です。ちなみに魚種はイシダイです。
 18034176_1881386445413020_938280471946319037_n.jpg

 たった一日の記録でも、気付かされる点があるとは思いませんか?

 まず、発見数です。

 目当ての魚を見つけられるかどうかは「突き師の生命線」です。たとえ他の数字が良くても「発見数が悪い突き師」は、「いい海」でしか突けないプレーヤーということになってしまいます。そんな中で、僕とダイスケさんの発見数は倍近く違い、僕が劣っています。この差は重大です。

 ちなみに記録には書いていませんが、ダイスケさんの潜水時間、潜水深度はいつも僕より上です。が、この日のターゲットは浅場の中層を泳ぐ乗っ込みイシダイで、空潜りしなくても発見ができる(ただし春濁りで透明度は悪かった)そんなシチュエーションでした。

 つまり、数字の差は「空潜り」の数や深度だけではないのです。それは探ったポイントの選択であり、「魚がいそう」と感じ取った直感の差なのです。いわば「野生の勘」、「センス」です。

 ただ、僕にも唯一よかった点というのもあります。それは「接近率」です。

 そもそも僕とだいすけさんでは装備が違います(僕は2mのアルミ銛で、ダイスケさんは4mの手銛。射程の長さはダイスケさんの方が上である)が、ここでいう「接近率」は「使用している銛が届く距離に一瞬でも入った数」をもとにするため、射程の長い銛の方が率はよくなるはずなんですね。

 にもかかわらず、接近率は僕の方がよかったのです。(※ただし銛が届く距離に入ったというのは、僕はGOPROの映像を見返して判断したカウントで、GOPROをもってないダイスケさんの数値は感覚にすぎないものではある)

 そう、魚へのアプローチ技術は「竹ヤス・アクアヤス」しか使ってないぶん、ほんとにちゃんと磨かれているのかもしれません。実際、僕のこの日の動画をだいすけさんに見てもらったら、「イシダイめっちゃ寄せれてる」という感想もいただいています。

 ただ、「銛が長い」から、「長さ」イコール「射程」ではないことも明記しておかなければなりません。

 魚から見れば、「銛も含めて人間のシルエット」なのです。つまり、銛を最大まで引いた状態の「持ち手から銛先までの長さ」も人間の一部として警戒されるのです。だから、GOPROに映る「人間本体からの距離」が近いのは、僕の銛が短いから、僕と銛のシルエットが小さくて警戒されないから、魚も近づいてくるという理由も存在しているのです。

 じゃあ、銛は長くても短くても関係ないのか、っていうとまた違ってきます。

 銛が長ければ「飛距離・射程」も長くなります。これが重要だから、みんな長い銛を使うんですね。そう、確かに魚は「こちらのシルエット」を警戒しますが、そのシルエットがそこからどれだけ伸びてくるかの飛距離までは、さすがにわからないはずなのです。なので「シルエットは竹ヤスより小さく、飛距離は手銛より長い」という「水中銃」が最強に魚を突きやすいわけです。

 そういう事情も加味したうえでさらに考察を続けますが、アクアヤスとファルコンとではやはりファルコンの方がそれでも射程は長いです。が、この日のだいすけさんは10回近づこう(寄せよう)として、射程にまでイシダイを入れられたのは一度だったと言います。謙遜してなければ。

 それでも五回も銛を撃っているのは遠いまま無理くり飛ばしたためであり、当たらなかった銛は「避けられた」、でなく「届かなかった」そうです。高いポテンシャルをもつダイスケさんとはいえ、さすがに突き歴はまだ3年。粗削りでもセンスや行動量で突果を打ち出す。悪いことではないと思います。

 実際にこの日の結果は、ボウズなのは僕で、イシダイを仕留めたのはだいすけさんなのですから。



 とまあ、こんな感じで、たった一日の数字からでも考えさせられることは多くありました。

 僕はこれからも、突きに行くたびにこの数字はつけていきたいと思います。結構おもしろいことがわかってくるので、このブログを読まれた皆さんにもちょっとオススメしたいと思います('◇')ゞ
スポンサーサイト

海人団の春キャンプ


 報告遅れましたが、前回予告してました、海人団さんの春キャンプにいってまいりました。


 そしたらすんごい獲物をとらえてしまいました(笑)




 そう、ホラ貝です(笑)

 ホラ貝は一応食べられるということで実食しました。

 ちなみにホラ貝は指定魚介類には含まれていない、そもそも本来ならば素潜りで獲れる貝でもない、つーか食用としたがる人もいない、そんな貝なので漁業権的な問題はありません(笑)

 歯ごたえはカタ過ぎるかんじで、コリコリというか、ゴリッゴリってかんじ。旨味等は特に感じられません。ハーブソルトで味付けして炒めると、美味しく食べられました。変な味がすることはなかったですし、味付け等で左右される食材だと思いました。

 海人団の貝の専門家「しおじいさん」いわく、貝の標本にすることで10万円以上の価値があるってことで差し上げました。なんでも、殻と蓋が標本に重要らしく、流れ着いただけの蓋のない貝殻でなく、生きたまま蓋のついた貝が貴重なんだそうな。

 魚突き自体は、初日は魚影の薄く、ポイント選びに失敗したと言わざるを得なく、二日目は乗っ込みイシダイの寄るポイントに当たるも、最高にイシダイの寄ったチャンスを逃し、かなーり悔しいボウズとなりました。


 ほんっと、早く暖かくなってほしいぜ!

魚突きチーム「AMADAN」と週末キャンプ

 今週末、鹿児島南薩エリアの魚突きチーム「AMADAN」さんの魚突きキャンプに参加します!



17861747_1875642479320750_7162742716989286141_n.jpg

 いやー、やばいっしょ。
 テンション上がるっしょ。

 ってなカンジで、魚突きキャンプほどわくわくするものはありませんね(^◇^)もちろん、動画もあげるつもりですよ!

 とはいえ、視聴者の皆さんとしては所詮他人のキャンプですから、イマイチ実感というか、イメージもわかないことでしょう。

 ということで今回は、参加メンバーのスペックについて、簡単にではありますが、ご紹介致しましょう!!!



【名前】水面爺
17757208_1875642475987417_8231592199561493830_n.jpg
【所属チーム】AMADAN

「ボトムの見えないところでは、潜りたくない」

 というのが口癖のYOUTUBEでもお馴染み水面爺さんは、その日の天候と地形から海の状況を読み、ポイントを選ぶのが得意な南薩エリアの「開拓者」。仲間内の人気スポットのほとんどは、水面爺さんが見つけた場所である。

 空潜りはほとんどせず、たいてい水面でぷかぷかしていることから自らを「水面爺」と称したのが名前の由来。

 突行スタイルは、3mそこそこのチョッキ銛を使ったバランス型で、一般的に難しいとされる真上からのアプローチを主体とし、その突き方で仲間内でもトップサイズの魚を仕留めている。



【名前】鉄人
17634836_1875642472654084_6202304956756588735_n.jpg
【所属チーム】AMADAN

「その魚のアラ、送ってくれない?」

 と、自身やメンバーの突いた魚で骨格標本を作る鉄人さんは、仲間内で最も魚に詳しい「お魚博士」。どんな魚を見せても、その魚の名称を見事にこたえられる。

 豊富な知識のみならず常人離れした体力をも併せ持つことから、「鉄人」と、仲間からそう呼ばれている。

 突行スタイルは、「チョッキ」と「三又」二種類の銛を持って海に入り、フロートに片方を預けながら、地形や魚種によって使い分ける、魚を知り尽くした鉄人さんならではの万能型。



【名前】だいすけ
17861880_1875642482654083_2202017679077844215_n.jpg
【所属チーム】AMADAN

「今の俺に、貫けないものはない」

 そう豪語するだいすけさんは、屈強な肉体と頑強な精神力を併せ持ったチーム一番の「体力おばけ」。ただし、仲間からは単に脳筋バカなだけとも言われており、そしてそれは残念ながら事実である。

 チーム内で最も長い銛「ファルコン」を最も太いゴムでぶっ放すことから、また、その銛入れの名称から、「デビルスナイパー」とも呼ばれている。

 突行スタイルは、穴撃ちを捨てた代わりの、その長いリーチを活かした遠方射撃でどんな魚も根に潜る前に撃ち抜く遠距離射撃型。



【名前】だいつべ
Tz24BMSx_400x400.jpg
【所属チーム】なし

「誰よりも魚に近づける突き師になってやる」

 そう豪語します私だいつべは、メンバー内で最もお粗末な装備で戦う「素潜り乞食」。誰よりも魚に近づかなければならない分、経験値は二倍になると信じている。

 本名は同じでも4mの手銛を使うダイスケさんと、2mアクアヤスという最も有効射程の短い手銛を使うダイスケと、対照的な二人のダイスケを合わせて「ダイスケブラザーズ」と人は呼ぶ。

 突行スタイルは、小回りの効く動きと体格、そして短い銛を活かして狭いスペースに自ら入り込み穴撃ちする近接型「アナルスナイパー」である。


 以上が、今回のメンツです。

 いいね、こういうのワクワクするよね(^◇^)

 ほんと魚突きはみんな一緒のように見えて、個性が結構でるんだよね!たのしいぜ

魚突きという世界


 日本では今も昔もずっとマイナーなまま続いてきている「魚突き」の世界。

 GOPROの普及でYOUTUBE等の情報も増えつつあるけれど、それでもやっぱりマイナーで、日本で一番有名とされている「きっしー」さんのチャンネル「関西お魚突き」でも登録者は4000人に満たない。ただし、それでも突き界ではビックネームだ。

 この度、その日本一有名な突き師「きっしー」さんのブログに、「DAITUBE」の名前がのった。光栄なことにも合同企画をしたいと思ってくださっているとのことだ。

 ダイツベは「魚突き自体の実力」は全国的に見てもよくて中堅処といったほどだが、一応、ほかにはない丁寧な編集をしているからか登録者1000人を突破し、関西お魚突きさんには遠く及ばないが、それでも事実上それに次ぐ勢力になっている。

 しかしながら、このことを喜んで下さる突き仲間はもちろん多いが、そうでない方もいらっしゃる。

「魚突きはひっそりとやるべき、と考える人たち」である。

 魚突きはマイナーな世界。

 漁師さんとの間でトラブルが起きることも珍しくないことから、肩身の狭い趣味なのは周知の事実。だから、にわかの突き人口が増えて、トラブルの率が上がることを懸念するのは当然のことである。

 なのでネット上に発信することはせず、ほそぼそとやらなければ、趣味としての魚突きは、その存在を脅かされる、と考えられているのだ。

 それは確かに、決して間違った考えではないと思う。

 だが、自分は違った考えをもっている。

「趣味としての素晴らしさと正当性をもって発信し、世間一般からの理解を得るべきだ」と。

 そう、少なくとも、自分のやっているこの鹿児島の条例では「魚突き」はなんら違法ではない。堂々とやっていけないはずがないのだ。



『突き師の本音』

 日本のように、遊漁の釣りに関してはガッバガッバのゆるゆるで、銛突きだけ異常なほど規制している国は、他にない。

「魚突きはゴミも出さないし、自分の意志で魚を選ぶから外道も出なくて、むしろ海の資源に与えるダメージは少ない。なのに理解されない」というのはすべての突き師が抱いてる不満であろう。

 では、なぜ厳しいのかと言えば「イセエビ等の密漁」と見分けがつかないからだろう。漁師さんの目線で考えればそれは確かに紛らわしく、ストレスになる。ごめんなさい。

 だが、獲っているのは魚である。一般の釣り客が遊漁船に乗って、船一面に魚を並べられるほど釣るのに対して、凄腕の突き師でも自分の肺活量で獲る魚の量はせいぜい腰にぶら下げられる程度だ。

 釣りが悪いのではない。「釣りはいいのになんで銛だけダメか」と、突き師は皆思っているが、釣りを憎んでいるわけでなく、自分たちも認めてくれ、と言いたいだけなのだ。



『銛突きのルール』

 日本では県ごとによって「銛突きが可能かどうか」が決められている。小型の手銛の使用も禁止されている県はある。ちなみに水中銃の使用だと全国で禁止されている。

 手銛と水中銃とでは、水中銃の方がたやすく魚を突けると言われている。ちなみに、水中銃を国内で販売すること、購入すること、所持すること、携帯すること、撃つことは許されている。魚を獲ることだけが禁止されている。そのことからも威力の危険性でなく、漁獲力が禁止の理由というのが分かる。が、突き易いとはいえ、それでも遊漁船の漁獲量には満たないと思うが、、、それでも禁止されているものは禁止されている。

 ところが、ネット上では割と多く、それも堂々と、国内で水中銃で魚を獲っている内容がアップされている。自分は水中銃はもってないし、使おうとも思わないが、使っている人などはネットを介して多く知っている。



『魚突きはひっそりとやるべきか』

 この水中銃の件に関してはさすがにネット配信すべきでないと考える。変な条例とはいえ、条例は条例。水中銃の使用は、せっかく手銛が認められている条例の価値さえ損なう。

 だが、条例にのっとった手銛の使用とその突果の内容等の配信も自粛すべき、という考えには首を縦に振れない。確かにそういう動画等を配信することで「にわか素潜り」を生み出す影響力となり、トラブル発生数の分母を増やすデメリットは生じる。今の時代、ネットの力はあまりに強大すぎる。

 しかし、である。強大過ぎるがゆえに、一個人の「こういう動画配信やめよー」で、時代の流れを止めることなども不可能だ。必ずどこかで知らない誰かの投稿が上がり続ける。つまりは、このSNS社会において「ひっそりと」はもはや不可能なのである。



『魚突きはどう進むべきか』

 こんな重苦しいこと、本当は自分も考えたくない。ただ突いた魚を肴に、お酒のんで気持ちよくなって、「おっぱーい」とかなんとか言っていたい。藤岡探検隊ごっこしたり、人に迷惑かけない程度にいろんなしょうもないことをやって、バカして遊んで笑っていたい。なにより魚突きに関して偉そうなこと言えるほどの実力がそもそも備わっていないのだから。

 したがって、ここで人の言葉を借りることとする。

「インターネット上で獲物写真を出したり遠征記を発表することは止め、ひっそりと静かに楽しむべきだという考えをもつ人も多い。だが私の考えは異なる。それは、魚突きの未来にとって、もはや静かに楽しむことなど何の解決策にもならないということだ。先述の通り、魚突きはすでに世間一般に広く浸透している。時代はもう先に進んでしまっているのである。私たち魚突き愛好家は、魚突きについての正しい知識や問題点、素晴らしさなどを提示し、発言していかなければならない」『モリでひと突き より』



 自分がDAITUBEを配信する理由は「自己掲示欲」のためだけだ。

 自分の活動を多くの人に自慢したいから、見て下さる方に気持ちよくその自慢を受け止めていただくために、できるだけ面白く丁寧に編集をしているだけに過ぎない。それだけだ。

 だから栗岩さんのおっしゃられるような「魚突きについての正しい知識や問題点」を大々的に提示し、発信できるような実力も知識も器量もないが、知名度はこれからも上げ続けていくつもりではある。だから自分にも責任というものがついてくることは、これから無視できなくなるだろう。

 ネットを見れば、水中銃、手銛を使ってはならない場所での手銛使用等、やっている人はいる。辞めた方がいいとは思う。が、自分は何も言おうとは思わない。それを注意してそれを問題にするよりも、僭越ながらも正当な動画を配信し続け、少しでも栗岩さんのおっしゃられるような「提示・発言」から外れないようなチャンネルをつくっていかなければならないと考える。マイナスをなくす戦いでなく、プラスをつくるための戦いだ。

 そのためこれからは、魚突きのルールに存在するグレーなゾーンには気を使った配信をしていかなければならないだろう。

 が、そんな色々気を遣いまくったような、かたっ苦しいカンジで動画つくっても楽しくないし、そんな動画じゃ自己掲示欲も満たされない。守るべきルールの徹底はこれから気を付けていくこととするが、表現の自由は、これからも自由なままでいきたい。

 そのためにもどうか皆さま、応援のほどよろしくお願いいたします。

感謝!登録者1000人突破

 自分でいうのも、


 他人からいわれるのも、


 ユーチューバー、って恥ずかしいね(笑)



どーも
おかげさまのDAITUBEです。





 はい! そんな訳で、報告が少し遅れてしまいましたが(もう1040人くらいになってる)、皆様の応援のおかげでDAITUBEのチャンネル登録者数がついに1000を突破致しましたー!!! あざまーっす。

 とりあえず、良いカンジのTRAILERも作ってみましたのでご視聴くださいませ。もっといい編集ソフトとかも、使えるようにならないといけんかな。そろそろ。誰かオススメあれば教えてください。


 あ、あと先日、やっと今年初のアカハタも突けました。



 サイズは31と、ギリ成魚サイズですが、やっとこの時期にこれくらいのサイズが浅場に現れるようになってくれて、それがすっげえ嬉しいです( ;∀;)自分、きほんハタ狙いなので。

 あとダイスケさんとの合凸は楽しいですね。一緒にはっちゃけてくれるので(笑)

 小芝居ヘタか!って(笑)あのカンジ好きです(笑)

 明日はお花見の予定だったんですが、雨で中止になったので、また海行きます。

 雨だから海(笑)

 いいねええ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。