プロフィール

daitube

Author:daitube
 「魚突き」ときどき「Bboy」でおなじみのYouTubeチャンネル「DAITUBE」です。

 使用している銛は「2mアルミ銛+土佐銛先」、ウエットは3mmを上だけ着たり着なかったりという軽装。ダンスのジャンルは「Breakin」で得意技はハイチェアです。

 鹿児島市内を拠点に、自転車で旅をしながら魚突きキャンプをしています。主に今年は離島旅にチカラを入れてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚突きという世界


 日本では今も昔もずっとマイナーなまま続いてきている「魚突き」の世界。

 GOPROの普及でYOUTUBE等の情報も増えつつあるけれど、それでもやっぱりマイナーで、日本で一番有名とされている「きっしー」さんのチャンネル「関西お魚突き」でも登録者は4000人に満たない。ただし、それでも突き界ではビックネームだ。

 この度、その日本一有名な突き師「きっしー」さんのブログに、「DAITUBE」の名前がのった。光栄なことにも合同企画をしたいと思ってくださっているとのことだ。

 ダイツベは「魚突き自体の実力」は全国的に見てもよくて中堅処といったほどだが、一応、ほかにはない丁寧な編集をしているからか登録者1000人を突破し、関西お魚突きさんには遠く及ばないが、それでも事実上それに次ぐ勢力になっている。

 しかしながら、このことを喜んで下さる突き仲間はもちろん多いが、そうでない方もいらっしゃる。

「魚突きはひっそりとやるべき、と考える人たち」である。

 魚突きはマイナーな世界。

 漁師さんとの間でトラブルが起きることも珍しくないことから、肩身の狭い趣味なのは周知の事実。だから、にわかの突き人口が増えて、トラブルの率が上がることを懸念するのは当然のことである。

 なのでネット上に発信することはせず、ほそぼそとやらなければ、趣味としての魚突きは、その存在を脅かされる、と考えられているのだ。

 それは確かに、決して間違った考えではないと思う。

 だが、自分は違った考えをもっている。

「趣味としての素晴らしさと正当性をもって発信し、世間一般からの理解を得るべきだ」と。

 そう、少なくとも、自分のやっているこの鹿児島の条例では「魚突き」はなんら違法ではない。堂々とやっていけないはずがないのだ。



『突き師の本音』

 日本のように、遊漁の釣りに関してはガッバガッバのゆるゆるで、銛突きだけ異常なほど規制している国は、他にない。

「魚突きはゴミも出さないし、自分の意志で魚を選ぶから外道も出なくて、むしろ海の資源に与えるダメージは少ない。なのに理解されない」というのはすべての突き師が抱いてる不満であろう。

 では、なぜ厳しいのかと言えば「イセエビ等の密漁」と見分けがつかないからだろう。漁師さんの目線で考えればそれは確かに紛らわしく、ストレスになる。ごめんなさい。

 だが、獲っているのは魚である。一般の釣り客が遊漁船に乗って、船一面に魚を並べられるほど釣るのに対して、凄腕の突き師でも自分の肺活量で獲る魚の量はせいぜい腰にぶら下げられる程度だ。

 釣りが悪いのではない。「釣りはいいのになんで銛だけダメか」と、突き師は皆思っているが、釣りを憎んでいるわけでなく、自分たちも認めてくれ、と言いたいだけなのだ。



『銛突きのルール』

 日本では県ごとによって「銛突きが可能かどうか」が決められている。小型の手銛の使用も禁止されている県はある。ちなみに水中銃の使用だと全国で禁止されている。

 手銛と水中銃とでは、水中銃の方がたやすく魚を突けると言われている。ちなみに、水中銃を国内で販売すること、購入すること、所持すること、携帯すること、撃つことは許されている。魚を獲ることだけが禁止されている。そのことからも威力の危険性でなく、漁獲力が禁止の理由というのが分かる。が、突き易いとはいえ、それでも遊漁船の漁獲量には満たないと思うが、、、それでも禁止されているものは禁止されている。

 ところが、ネット上では割と多く、それも堂々と、国内で水中銃で魚を獲っている内容がアップされている。自分は水中銃はもってないし、使おうとも思わないが、使っている人などはネットを介して多く知っている。



『魚突きはひっそりとやるべきか』

 この水中銃の件に関してはさすがにネット配信すべきでないと考える。変な条例とはいえ、条例は条例。水中銃の使用は、せっかく手銛が認められている条例の価値さえ損なう。

 だが、条例にのっとった手銛の使用とその突果の内容等の配信も自粛すべき、という考えには首を縦に振れない。確かにそういう動画等を配信することで「にわか素潜り」を生み出す影響力となり、トラブル発生数の分母を増やすデメリットは生じる。今の時代、ネットの力はあまりに強大すぎる。

 しかし、である。強大過ぎるがゆえに、一個人の「こういう動画配信やめよー」で、時代の流れを止めることなども不可能だ。必ずどこかで知らない誰かの投稿が上がり続ける。つまりは、このSNS社会において「ひっそりと」はもはや不可能なのである。



『魚突きはどう進むべきか』

 こんな重苦しいこと、本当は自分も考えたくない。ただ突いた魚を肴に、お酒のんで気持ちよくなって、「おっぱーい」とかなんとか言っていたい。藤岡探検隊ごっこしたり、人に迷惑かけない程度にいろんなしょうもないことをやって、バカして遊んで笑っていたい。なにより魚突きに関して偉そうなこと言えるほどの実力がそもそも備わっていないのだから。

 したがって、ここで人の言葉を借りることとする。

「インターネット上で獲物写真を出したり遠征記を発表することは止め、ひっそりと静かに楽しむべきだという考えをもつ人も多い。だが私の考えは異なる。それは、魚突きの未来にとって、もはや静かに楽しむことなど何の解決策にもならないということだ。先述の通り、魚突きはすでに世間一般に広く浸透している。時代はもう先に進んでしまっているのである。私たち魚突き愛好家は、魚突きについての正しい知識や問題点、素晴らしさなどを提示し、発言していかなければならない」『モリでひと突き より』



 自分がDAITUBEを配信する理由は「自己掲示欲」のためだけだ。

 自分の活動を多くの人に自慢したいから、見て下さる方に気持ちよくその自慢を受け止めていただくために、できるだけ面白く丁寧に編集をしているだけに過ぎない。それだけだ。

 だから栗岩さんのおっしゃられるような「魚突きについての正しい知識や問題点」を大々的に提示し、発信できるような実力も知識も器量もないが、知名度はこれからも上げ続けていくつもりではある。だから自分にも責任というものがついてくることは、これから無視できなくなるだろう。

 ネットを見れば、水中銃、手銛を使ってはならない場所での手銛使用等、やっている人はいる。辞めた方がいいとは思う。が、自分は何も言おうとは思わない。それを注意してそれを問題にするよりも、僭越ながらも正当な動画を配信し続け、少しでも栗岩さんのおっしゃられるような「提示・発言」から外れないようなチャンネルをつくっていかなければならないと考える。マイナスをなくす戦いでなく、プラスをつくるための戦いだ。

 そのためこれからは、魚突きのルールに存在するグレーなゾーンには気を使った配信をしていかなければならないだろう。

 が、そんな色々気を遣いまくったような、かたっ苦しいカンジで動画つくっても楽しくないし、そんな動画じゃ自己掲示欲も満たされない。守るべきルールの徹底はこれから気を付けていくこととするが、表現の自由は、これからも自由なままでいきたい。

 そのためにもどうか皆さま、応援のほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

<< 魚突きチーム「AMADAN」と週末キャンプ | ホーム | 感謝!登録者1000人突破 >>


コメント

山口県で魚突きをしています

記事読ませていただきました
すごく感動しました!魚突きを始めてまだ突行は3回で、このまま続けるか迷っていましたが続けたいと思えました!

ブログ楽しみにしてます!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。